忍者ブログ

Apricot*S+Re:select

2018
12,19
●まず、外枠となる部分をレジンで流して硬化させます。
「本体・背となる板のような部分・L型の蓋」の計3つ。
(UVレジンでも可能ですが、量が多いので2液タイプをオススメします。)

●硬化後取り外し、本体と背となる板のような部分を接着・貼り合わせます。
L型の蓋はまだ使いませんのでその辺に置いておきましょう。
接着にはUVレジンがオススメです。(隙間が出来ないように接着して下さい。)
多少はみ出しても、液体を入れると分からなくなるのでOK。

●中で流動させたいパーツを入れていきます。
(お好きなラメやホログラム・ドライフラワー・その他パーツなど)
※ラメやホログラムは静電気で飛ぶ恐れがございますので、ストローや紙などを筒にしたものを使って上手く入れましょう。

●パーツが入れ終わったら次にスポイトや注射器を使って液体を入れていきます。
(ハーバリウムオイルや精製水など適したものご利用下さい。)
液体は8分目から9分目まで。蓋がしにくくなります。

●最後にL型の蓋をします。(注意!難易度・高め)
まず、蓋を入れる部分に液体が付着していたらティッシュや綿棒などでふき取ります。
本体の蓋入れる部分に接着材(UVレジン等)をつまようじなどで塗ります。
L型の蓋をそーっと押し込む感じで挿入します。
※押し込みすぎると取れなくなりますのでご注意ください。
接着材が固まるまで待ちます。UVレジンの場合はランプで硬化させてください。
※この時に傾けたりしないようご注意ください。
接着材が固まったら再度上から隙間を埋める感じでコーティングしていきます。

●最後、軽く振って液体が漏れていないかチェックします。
また漏れていたら再度コーティングしていきましょう。

★出来上がり★

そのまま飾るのもよし、スマホカバー貼り付けるのもよし、アイデア次第でいろいろ出来るかも。

文章のみとなりますが、分からない部分はminneやCreemaのメッセージでお願いします。
こちらのブログだと気づかない場合があります。
素敵な作品が出来ると嬉しいです。

拍手

PR

[1]


HOME
プロフィール
HN:
Chaos★
性別:
非公開
ツイッター

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]